脱毛形式とは

脱毛形式とは


ムダ毛の処理には自宅で剃刀で剃ったり毛抜きで抜いたりといった処理方法がありますが、
これらの方法は皮膚の表面に出ている部分を処理しているだけに過ぎず、数日経つと毛はまた生えてきてしまいます。


それに対し、「永久脱毛」というのは、毛の毛根部分を刺激あるいは破壊して、
ほぼ永久的に毛が生えて来ないようにする処理方法です。


この永久脱毛にも様々な種類があり、それぞれに方法や効果などの違いがあります。


永久脱毛の方法には大きく分けて3種類あります。


1つ目が針を使った針脱毛です。
古くから使われている脱毛方法で、脱毛したい箇所の毛穴の一つ一つに針を刺していき、
そこに弱い電流を流すことで毛根を破壊するという脱毛方法です。

一つ一つを直接的に破壊するため、効果は絶大です。
しかも、一つずつ処理をするという特性上、細かな部位の脱毛にも対応できるというメリットがあります。

しかしながら最近の脱毛サロンで針脱毛を行っているところは少ないようです。

なぜかというと、この針脱毛は細い針を使用する施術とは言え、とても痛みを伴うものだからです。

それに加えて全て手作業での施術になるため、所要時間も費用も大きく嵩んでしまうというデメリットがあるのです。


そして2つ目がレーザー脱毛です。
これは、黒い色素にのみ反応するレーザーを用い、
肌の中の毛乳頭だけを刺激して脱毛していく方法です。

レーザー脱毛なら一度に多量の毛根を処理することができる為、
針脱毛よりも短時間の施術で済みます。

そして、痛みもほとんどありません。

人によっては輪ゴムでパチンとはじかれた程度の痛みを感じる方もいるそうですが、
針脱毛の痛みに比べれば天と地ほどの差があるでしょう。

黒い色素に反応してしまう為、ひどい日焼けをしていたり、
タトゥーを入れている部分に対する施術ができないというデメリットがあります。


3つ目はフラッシュ脱毛です。
これも黒い色素に反応する光を利用する脱毛方法で、
レーザー脱毛ととてもよく似た脱毛方法です。

レーザー脱毛との違いは、レーザー脱毛は非常に強い出力で行うもので、
医療機関あるいは医療資格のある者が行わなければならないという決まりがありますが、
フラッシュ脱毛は出力が弱いのでサロンでの施術が可能という点です。

そして出力が弱い分痛みも少なく、肌も綺麗な状態を保てるようです。

デメリットは、やはり日焼けやタトゥー厳禁であるということと、
何よりレーザー脱毛よりも永久性が低いということです。

このように、脱毛方法によって効果やメリット、デメリットなどの違いがありますので、
色々な条件を合わせながら自分に合った脱毛方法を選んでください。